ニュース

メーテレ「Up!」という番組で

適当にチャンネルを変えていたら・・・・
目に飛び込んできたSDたち、そして先日のドルパ名古屋2の風景。
そうでした、すっかり忘れていましたが、メーテレの取材が当日入っていたんですよ。
ただ、放送日も番組名もしらないままだったのでとっくに記憶の彼方だったんですが・・・。
特集のタイトルは「大人の女性がハマる癒しの人形とは・・・」

あわてて、違う番組を録画していたのをキャンセルして録画し始めたんだけど、どんな始まりだったかは分かりませんが、ドルパ風景はほとんど終わりでした。
録画できたのはドルパのところと社長のインタ、SDについてどんなものか・・・というところから。
と、いうことは割とはじめのほうかもしれませんが・・・。
フルチョのことや人形を自分のところへ招くためのお迎えセレモニー、京都の天使の里のこと。
もう・・・実は正直な話、お迎えセレモニーは知っていたし、来年友達と天使の里でミシェルの合同セレモニーをやる予定なので重々わかってはいたんですが、その風景、しかも天使の里での風景。
見たら・・・・実はかなりひいた(笑)
ええ、ほんと、嫌ということではなくて、なんだかかなりこっぱずかしい。
これを自分がやるのか、と思ったらほんとにね・・・(笑)
嫌じゃないけど、微妙(笑)
特集はその後、SDオーナーの女性(当日ドルパ会場で取材協力者を募集してた)のSDとの日常生活に話はかわる。
あと、他の方のインタとか。
「私の分身」、「この子がいるから頑張れる」とか、「日常は日常、こういう世界があるのも幅が広がっていい」などのどちらかというとヲタク系ではなくて、「癒し」に絞った取材内容。
「ドールセラピー」という手法があるという解説もあって、外国ではそれが笑顔や日常生活を取り戻す役割を持つ、という解説もあった。

そして、実はドルパ名古屋2の当日、アメリカからサラさんという女の子が来ていました。
難病に侵された彼女のたっての願いでメイク・ア・ウィッシュという団体の活動によって来日、参加していました。
彼女は前日は京都の天使の里、そしてドルパ名古屋に参加して行きました。
そのサラさんのことも取材されていて流れました。
最後は人形が持つ癒し効果にたいして注目されている、という締めくくりでした。

が、やっぱりこっぱずかしい!
んでもって、「10万」「10万」と1体のおおよその価格を繰り返してくれるもんだから、ドキドキ。
もしも親が見ていたら・・・とあわてて親のところに行ったら、別の局のニュースを見てました、ホッ。
やっぱ、値段ばれるの怖いもん。

でもね、こうやって第三者的に見ると、なんだかヒクのよね・・・参ったことに。
そうなると私はSDが好きなんじゃなくて、ミシェルだけが好きなのかな~と思ってしまったり。
ちょっと複雑な感じ。
人形って罪悪感をもって接するものではないのだと思うんですけど、なんだか人形好きは変な人っていう認識が世の中にあるのかな?と不安になってしまうのです。

SDオーナーのサイトにいくとそのサイトさんへの非難のつもりできないですが、たいていおおまかな表現にしておくけど、「こういうものが出てくるから覚悟してね、嫌いな人は来ないでね、見たあとの責任はとらないよ、苦情はうけつけないよ。」みたいな断り書きがしてあるサイトさんがちょくちよくあるんですよ。
そうなると、わざわざ書くのが親切かどうか?と思ってしまうんです。
かえって偏見を生むんじゃないのか?と。
そういう特殊な世界なんだよ、と言われている気がして。
私は気に入らなければスルーするのがマナーだと思うので、いちいち「見た」ことでどう思おうと見た人が「もう見ない」のか、「また来る」のか決めればいいことで、ことわる必要はないと思うんだけど。
ただそういうことを思うのが、オーナー歴が浅いからなのかどうかもよくわかりません。
オーナーさんたちはどう思っていらっしゃるんだろう。
でも、きっと基本的にはみんな気遣いでなされていることなんだと思うから、書かない方がいいとは言えないし、難しいことですね。

★スーパードルフィーメインのこのブログは人気blogランキングブログランキングranQに参加中です。
とっても励みになりますので、よろしかったら、ポチッとしてやってくださいませ。

★SD関連書籍なら・・・
スーパードルフィーパーフェクトカタログ(2) スーパードルフィーパーフェクトカタログ スーパードルフィーバイブル

| | コメント (2) | トラックバック (0)