« THE MUSIC DAY 音楽のちから | トップページ | 斎藤工さんの浴衣姿。 »

映画の話

映画鑑賞が趣味・・・な方はたくさんいらっしゃるでしょう。
いろいろと駆使して少しでも安く見られるようにされているんだろうな~なんて思う。

私の場合、「そのうちテレビで見られるだろうから・・」と思っちゃってなかなか行く機会がありませんでした。

最後に見たのが学生時代に昔ながらの映画館で「必殺シリーズ」を。
確か京本さんが演じていた仕事人が死んでしまうという作品だったと思います。
その後、見てみてたいなと思う作品があっても、シネコンというのができても、あまり行こうという気になれないまま日々が過ぎていきました。

そして今年・・・・シネコンデビューいたしました~happy01

CMを見ているうちにどうしても大画面で見たくなってしまったのですよ、窪田正孝くんの泣き顔。
勤務先で見たいということを言っていたら「えっ、泣き顔?」と言われてしまいましたが、そうなんですよ、彼の泣き顔。
この子(ついこの言い方になってしまいますが)の泣きってすごく惹き込まれるんですよ。
その時は「私、ドSだから・・・」と言っておきましたが、彼が演じた日吉という登場人物の機微に触れてみたかったんです。

ということで、初めてシネコンで見たのは「64-ロクヨン 前編」でした。
登場時間数にしてみればほんと数分ですけど、惹きつけられました。
何気ない仕草に垣間見える感情と表情と精神と。
原作を読んではいなかったので、作品の中での位置づけがはっきりわからなくて後編には出ないのかな~なんて思ったりもしましたが、原作者さんが「日吉の慟哭がよかった」と仰ったようなので、これはまだ昭和64年の時間に捕らわれたままの日吉の時間が動き出す必要があるたろうな~と思いました。
エンドロールのキャストクレジットが5番目ということは結構重要な役柄だと感じたし。

ただ、120分間座っているのは大変でした。
豪華なシートでしたけど背もたれに体が届かなくて距離が遠くてしんどかった~。
足もしっかり床につかないし。
通路にでたら四角い座布団みたいなのが並んでいて大人も使えます、となっていたけどあれは座面用だったのかな。

それから少しして再度シネコンへ出向きました。
今度は同じ日に「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」と「高台家の人々」を観に。
ミタライに関してはちょいといろいろと思うところがあったりで確認も兼ねて。
もともと御手洗シリーズは好きな作品でもありましたし。
このあたりのことはまたいつか・・・。
「高台家の人々」は見るかどうか迷ったんだけど気になる作品ではあったので結局鑑賞。
そのあたりのことは、やっぱりまたいつか・・・(ほほ)
前回、ロクヨンのパンフをどこで買ったらいいのかわからずにゲットできていなかったのでこの日にロクヨン前編とミタライのパンフをゲット。
しかし、2本立て続けは体に負担が・・・・ガチガチに固まってしまいました。

そして「64-ロクヨン 後編」
やっぱり観たいな~と思って。
ちゃんと日吉の機微を感じたくて。
結果、すごく良かった、ちゃんと観て。
日吉の停まっていた時間が動き出した瞬間を感じられました。
原作とは違うという結末とのことで、結局原作は所有しているもののいまだ読んでおらず、でございます。
この時にやっと背もたれ用のクッションを発見して使いました。
あるとないとでは大違いでした。
今後に活かしますよ。
ロクヨン後編と「MARS~ただ、君を愛してる~」のパンフを購入して帰りました。

MARSは現時点で観る予定はないのです。
ドラマも録画はしたし、DVDも買いましたが作品に興味が持てずに未見。
なのでその続きの映画も今は観るつもりはないのです。
DVDが出たら買うんだろうな~と思うけど、作品に興味がないのでいつ観る気になるかは謎。

基本的に、どんなに好きな役者さんが出演していても作品に興味が持てなければ私は手を出さないんです。
ま、そんな中でDVDを買ったというのは異例ですが。

だからここでこっそりいうのもなんですが、KinKiのコンサートDVDをしばらく買ってなかったのはKinKiに興味を持てなくなっていたからだろうなと…。
光一さんのソロ関係は入手していたけど、SHOCKもソロライブもこの数年足を運んでなかったのはどちらも自分の好みの作品ではなくなっていたからだと思う。

おかげさんで今になって補完作業に追われて資金的にもちと大変なことになってますが、それはそれでね~。
興味を持った時点でええかと思った次第sweat02


今観たいな~という映画は
「シン・ゴジラ」
総勢328人のキャストでしたっけ?
メインは3人ですが、その総勢の中に斎藤工さんが含まれている。
ロクヨンなどを観たときに予告てみた住宅街にたたずむゴジラのしっぽがぐわーんと横に振られているのがすごく迫力があって観たいと思っちゃったんです。

「秘密」
作品自体に興味がある。
ま、昔ボークスから主人公のSDが限定ででてたっけな~という記憶はあります。

「TO YOUNG TO DIE!」
面白そうだな~と。
でもそのうちテレビでみられそうな気が。

と、まあこんな感じでございます。

|

« THE MUSIC DAY 音楽のちから | トップページ | 斎藤工さんの浴衣姿。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« THE MUSIC DAY 音楽のちから | トップページ | 斎藤工さんの浴衣姿。 »