« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

【斎藤工】シン・ゴジラ

観てきました。
作品自体に関してはネタバレしない方がいいので、とくには語りません。

さて、工さんの登場が見たかったのもあるので、池田一等陸尉はどこ~? 工さんどこ~?と思いながら作品を観てました。
キャスト数多過ぎて大変だな~と思いましたけど、解禁されていたビジュアルが迷彩服だったし、階級的にも現場な感じだったので、ドキドキしつつ登場をお待ちしてました。
・・・で、ささやかに疑問。
・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・殉職しちゃったのかな・・・・?
ドキドキ・・・

最後のキャストクレジットはほんとに大人数で、名前見ながら「石垣佑磨・・・どこにいた?」と思ってしまった私です。
後でパンフ見て、あ、あそこか・・・そういや、誰かな~とちょっと気になっていた隊員いたわと思いましたが、彼もちょっと気になる存在です。
初見は「仮面学園」だったので、彼が10代のときですね。
時折お姿を拝見すると「頑張ってらっしゃるな~」って思ってたりしますが。

クレジットの最後の方で別格?な扱いで、「野村萬斎」さんの名前があって、「はい?」とおもったんですが、ほかのお客さんも「萬斎どこにいた?」言っていてほんとどこにいたんだろう?と気になってしまいました。

一つ言うとしたら・・・
最後のアレ・・・・あのままなの?
ストーリー的には続くの?
という感じでございました。


そのあと、持ち帰り仕事が家ではスペースが今とれなくてちょっと広げられないので図書館あたりにでも・・・と思って行ったらすごい人だし、自習コーナーは携帯いじる人ばっかりでなんだか居心地悪そうだったのであきらめてさまよう羽目に。
長居できそうなファミレス・・・も意外と見つからなくて、そこはないだろうと思っていたショッピングセンターのフードコートで小一時間お店を広げて手書きで出さないといけない取引先の請求書を書いてました。
会社ではほかごとが入ってくるので集中できなくて。
普段なら、その請求書はオイル交換か点検を作成する時期にあわせるんだけど、今回は先週点検に行っちゃったからディーラーでお茶しつつ作成という内職もできず。
ま。とりあえずフードコートでかき氷もどきを食べつつ、でしたがちょっと作業が進んでよかったな~と思った次第です。ほほ。

※追記
 野村萬斎氏の件ですが、ネットのニュースでゴジラのモーションキャプチャーを
 つとめたと書かれてましたね。
 会社で「キャストクレジットが別格扱いなら、ゴジラの声とか?」って言われたけど、
 ある意味・・・・近かった。
 でも言われてみればあの動き・・・・そうやんなぁ~。

| | コメント (0)

「名もなき池」で「愛を勝ちとる」・・・のか?

先日、私が車の半年点検に出かけている間に妹が自分の花壇の整備にやってきておりました。
で、一緒にランチに行って、その後時間もあるしね~と以前から彼女が行きたがっていた「モネの池」に行ってみることに。

意外と近かった~。
最近テレビや雑誌でどんどん紹介されていてすごい人出だという「モネの池」。
もともとは「名もなき池」と言われていたそうだけど、画家モネの睡蓮の池の絵に似ているということから「モネの池」と呼ばれるようになったとか。
有名になってきて車が停めにくいらしいけど、タイミングよく停められて見てこられました。

ちょっと睡蓮がピーク過ぎたみたいだけどまずまずでした。
ネットではエメラルドグリーンやコバルトブルーの透き通った水の写真が上がってますが、実際にはその日の天候によっていろいろな色合いになるそうです。

Img_2454

Img_2471

Img_2544

そして鯉たちがすいすい泳いでいて、今パワースポット扱いだとか。
Img_2563

頭に赤いハートのある鯉。
Img_2442

下から顔出していてかわいい。
Img_2447

そして頭にVの字。
Img_2566

Img_2587

これで「愛を勝ち取る」ことになるのだとか。
すんごい人だかりでみんな鯉たちを探してました。

ついで?に。
全身ゴールドの子もいて「金運を勝ち取れる」らしいですよ。
Img_2508

神社の前に湧き出す清水とのことなので、ご利益ありそうです。

| | コメント (0)

薬用養命酒・・・買ってもうた。

会社で、朝から完全な濡れ衣により上司に怒られ、クレームをつけられた私たち事務メンバー。

よれよれっす。


おかげさまでほぼ一日なんやかんやで振り回され、いろんな作業に追われすぎて・・・。
昼休みにスーパーに買い物に行ったらキャンペーン状態の養命酒に出会ってしまいつい購入。

この会社から出ているハーブ系の女性向けのは飲んだことがあるのですが、ちゃんと本来のを飲むのはほぼ初めて。
一日3回、毎食前か就寝前とのことなのでつい先ほど・・・。
むかーしサイダーで割ったのを飲んだことがあったのですが、原液のままは初めて。
こんなんだったっけ?
すごいアルコール強い。
一気には飲めず炭酸飲料で割りました。

「養命酒健康の森」に行ったとき「私は運転手です」という札を入り口で渡され、養命酒の試飲の代わりに養命酒を作るアルプスの水をつめたペットボトルをもらったことがあるけど確かに酒気帯び運転になりそう。

疲労回復できるといいな・・・・。

| | コメント (0)

【KinKi Kids】CDデビュー20周年のポイント

今回のシングル「薔薇と太陽」は7/20発売。
なんとか予約できたので19日に届きましたが、特典のクリアファイルはジャケ写と同じでうれしかったです。
今回のジャケットはブンブブーンでゲスト出演した斎藤工さん撮影のもの。
番組で撮ったものをそのまま使うのかな~撮り下ろしかな~とドキドキしていたら、番組のものでした。
しかし二人がいうのは4枚程度の撮影だったのにいい写真が撮れていたということ。
で、工さんが使ってほしいと申し出があったのを次の現場に行く途中に剛君が各所に連絡してすぐさま決まったとのこと。、
すごい行動力ですね~。
そいうことの決断力は光一さんより剛君のほうがきっばりしてますね。
で、光一さんも異論なく聞いてそうだし。
光一さんがいうように聴けば聴くほどクセになる曲です。

で、今回からアニバーサリーサイトでポイントをためられるというのですが、それぞれのCDに封入されたIDを入力するのですが、その期限が今日。
・・・・短すぎなのでは?
普段なら私のんきものなので、買っても開封しないまましばらく放置していることが多いんですが、もしもそのようなことになっていたら期限切れになってましたよ。
せめて一か月くらいの猶予は持たしてほしいものです。
・・・・ダメなの?

| | コメント (0)

ホームタウンドルパ名古屋6 ディーラー参加の件

やっとデラ用最終案内が届きました。

ブースナンバーは 74 でございます。
正直びっくりな位置。
会場入り口から入ってそのまま通路を入ったところなのね~。

ちゃんと準備できていないのに人通りが多そうな位置で申し訳ないです。

新作が出来上がらなければ過去の在庫値下げセールになります。
もう開催まで二週間きっちゃったのに、これは・・・やばい。


そんな感じなので販売物のご案内はできていない状態です。
申し訳ございません。

| | コメント (2)

あかーん。

いや、ほんとアカンのですわ。

仕事のストレスって誰でもあると思うんですが、うちの会社、絵にかいたようなブラック系なのでいろいろとクるものがあるんですよ。
私の口癖は「頭ズル剥けになるわ」でございます。
「私をはがらかす(剥げさす)つもりか」とも呟きます。
そうするとほかの人から同志の辛さを含めつつ「むしったろか?」と返されます。

ま、誰にでもいろいろあるさ、とある程度開き直りますが、本来の仕事が忙しい時に余計な仕事を持ち込むトップにいら立ちを覚えます。
・・・自分でやれや、と。

あら、いけませんわ、口が悪くなりました。

KInKiさんの新曲のこと。
工さんのこと。
そしてドルパのこと。
いろいろと書きたいことがありますが、ちょっと時間が・・・・。
ゆっくり書きますのでのんびり見ていただければと思う次第でございます。

ごめんなさーい。

| | コメント (0)

コンデジで遊ぶ。

そういえば、コンデジにはいろんな撮影モードとかあったわね~と以前遊んでみたものを一枚。

運転席の前にちっこいぬいぐるみを何体か並べているのですが、そのうちの一体。
黒猫ジジでございます。
Img_4205

うちの黒猫さまは超ツンデレ親父なので最近ちょっともてあまし中。
・・・・ええ、呼んでもまったく反応しないかと思えばやかましかったり。
人を下僕と思ってますからね、きっと(苦笑)

| | コメント (0)

大好きな人、気になる人・その二

役者編というところでしょうか。
一人一人の話題になるとかなり長くなるのでちょこっとずつひとまず。
基本的に、インターバルも長い上に息も長いのが私でございます。

出会ったというか認識した時系列順で。

藤原竜也さん
彼が15歳の時収録された、「身毒丸と呼ばれた少年」の特番を見たのがきっかけ。
身毒丸の日本凱旋公演の時はもう16になっていたのかな。
舞台の上の彼をほんと間近に見たんですが、魂鷲掴みにされました。
まだまだあどけない少年のころから見ている子なので、つい「竜也」と言ってしまいます。
もうすっかり大人なのにね~。
でもほんとあの頃はあどけない綺麗な顔立ちでしたね。
身毒丸の凱旋公演だったか、再演の時だったかと同時期に放送されていたドラマ「凍りつく夏」での怪演ぶりは忘れられません。


窪田正孝さん
「ケータイ捜査官7」でのケイタがきっかけ。
深夜の放送なので何気なく見ていて、毎週きちんと見られていませんでしたが、惹きつけられる子でした。
今でもついつい「この子」と言ってしまいます(苦笑)
実は無意識にしているとこの子に気が付かないことがあります。
ええ、今でこそ「あいやー」となりますが、放送当時の「謎解きはディナーの後で」の警官なんて、なんで気が付かなかったのかわかりませんもん。
その時その時、いろんな姿を見せてくれる「何にも染まっていないガラス」のような子だなと思います。
時にはすりガラスになってみたり、ステンドグラスになっていたり、瞳もガラス玉のように透き通っていて何も映していないように見えるかと思えば、鋭い光を放ってみたり。
ガラス玉かと思えば水晶玉になってみたり。
そんな不思議な子だな~と感じます。

斎藤工さん
実は最近気になる方。
以前から見ていた作品に、今でこそ出演されていたとわかるんですが、認識してなかったのです。
ちゃんと存在を認識したのは「臨床犯罪学者 火村英生の推理」なんですよ、実は。
ちょっと「昼顔」での騒がれっぶりに嫌悪感があって、意図的に避けていた部分も。
それが火村がきっかけですけど、「最上の命医2016」でびっくり。
こういう繊細な表現ができるなんて・・・と感動。
「最上の命医」のドラマDVD-BOXをがっつり買ってヘビーリピートいたしました。
そこからすっかり気になる役者さんとなりました。
ただ、バラエティなどの言動をお見掛けするとなかなかの不思議さんで、びっくりさせてもらっております。

そして、時系列的にはもっと前ですが、ジャンルがちょっと違うのですが・・・
声優さんを。

森功至(もりかつじ)さん
もうね~ほんといい声。
今は毎日の「めざましテレビ」のナレーションが楽しみですが、「銀河英雄伝説」のウォルフガング・ミッターマイヤーは秀逸。
私が子供のころのアニメで言えば、ほとんどの二枚目はこ方の声でした。
「科学忍者隊ガッチャマン」の大鷲のケン。
「マッハGO!GO!GO!」の三船剛。
「はいからさんが通る」の伊集院忍。
「エースをねらえ!」の藤堂貴之。
「機動戦士ガンダム」のガルマ・ザビ。
などなど。

石田彰さん
この方は「機動戦士ガンダムSEED」のアスラン・ザラで認識し、ハマってしまいましたが、実は後からいろいろと調べてみると昔見ていたアニメの気になるキャラとか好きだなと思ったキャラを彼が演じていたことを知りびっくりいたしました。
今現在で言えば、「図書館戦争」の小牧幹久と「夏目友人帳」の名取周一が最も好きなキャラでございます。
実に不思議な方で、血液型が本当にO型なのか疑問に思うことがあります。

ほかにも大好きな声優さんはいっぱいいらっしゃいます。
んでもって役者さんも気になる方がいっぱい。

今はワイルドな山田孝之さんが若いころ、美少年で、出演した二時間サスペンスを観るのが楽しみでございました。
勝地諒さんも素敵な役者さんだなと思います。でもなぜか私の記憶の中で窪田君と混じる時があって不思議な気持ちになります・・・なんでかな~。

まだまだいっぱいいらっしゃる気がするんだけど、ひとまずこんな感じで・・・。

| | コメント (2)

大好きな人、気になる人・その一

いっぱいいてはります~lovely

これまでこと細かく書いてきてはいませんでしたが、せっかく検索で来てくださっている方もいらっしゃいますし、来られて「この人は一体なんで話題にするんだろ?」と思われていることもあろうかと、ちょっこし触れてみようかなと思う次第です。

てなわけで、切欠など。

THE ALFEE
まあ、昔はベストテン番組の常連さんだったのでよく拝見してました。
高校時代、あることにより彼らの楽曲に興味を持ちました。
確かね~
「永遠の詩」
「明日なき暴走の果てに」
「落日の風」と「晩歌」
「TIME AND TIDE」
「Since 1982」
でしたか・・・もっとあったような気がしますが。
で、その時、隣の席の子がアル中さん(アルフィー中毒の略)だったんですよ。
で、LP借りまくって聞いてハマッて。
初めて行ったライブは日本平のオールナイトコンサートでした。
ギリギリ参加のための年齢制限クリアしていてね~ほほ。
それからずーっと何年も彼ら一筋でございました。
全く浮気せんかったもん。
サポートメンバーだった菊地圭介さん、長谷川浩二さんも大好きでした。

が、そこに台頭してきたのは
KinKi Kidsでございました。
当時はまだまだ初々しい子供でしたね~。
あまりよくわからないなりにドラマ「若葉のころ」は見てました。
でも、実はありがちなネタですが、兄弟なのかな~と思ったり、どっちが剛か光一かというのが全く認識できてませんでした。
いやはや。
ちゃんと認識したのはバラエティの「LOVE LOVE あいしてる」からかな。
アルフィーの坂崎さんが番組にかかわることになりビックリしましたもん。
で、すっかり大好きになりましたね。
当時は二人がドラマにだいたい一緒に出ていることもあってよく見かけました。
デビューして楽曲もよくて・・・
そしてどちらかと言うと光一さんが大好きになりました。
もう王子ドンピシャだったしね~。
いろいろな言動がまた好きでした。
今に至る過程の中で私としてはちょっと気持ちがKinKiより光一さんに偏った時期がありましたが、今は二人とも変わらずいてくれてよかったな~と思うばかりです。
そんな彼らも今年はCDデビュー20周年なんですね。
すごいですね~。

今回はひとまずここまで~。
次は役者さん話です。

| | コメント (0)

結婚報道

おめでたいことですけど、うわさも無い方のはびっくりする。

ヤフーのトップに同時に二組の結婚のニュースが出ていてびっくりしたんです。

一人は声優の神谷浩史さん。
友達が大好きな方なのでびっくり。
彼の演じる「夏目友人帳」の夏目貴志はほんとに素敵なキャラクターで大好きです。
ほんと素敵な役が多い方で、声優さんの雑誌でも表紙なども多くてすごい方だな~と思っておりました。

そして、もう一人は女優、水崎綾女さん。
・・・名前見てびっくり。
昼ドラ「Xmasの奇蹟」で窪田正孝さん演じる林田君の幼馴染で彼女のひとみちゃんを演じていた子。
申し訳ないですが、その後を存じ上げなかったのでびっくりしました。
今の画像を拝見しましたが当時の面影しっかりありますね。
いや、ほんとびっくりしました。
あれれ・・・・ゲゲゲの女房に出演してらしたんですか、さらにびっくり。

お幸せに、と思うばかりです。
が、ファン心理は時には複雑・・・。

| | コメント (0)

「ヒポクラテスの誓い」

以前、本屋さんで見かけた作家さん。
中山七里という名前にちょっとびっくりした。
私が住む県内の景勝地と同じ名前。
本名ではないと後から知った。
そして、その景勝地近くのご出身とも。
今現在も県内に居住され、東京のお仕事部屋と行き来しつつの文筆作業とのこと。

で、本屋さんで平置きされている文庫に目が留まった。
それが「ヒポクラテスの誓い」という作品。
医療ミステリーというのかな。
研修医の真琴が法医学教室での研修をすることになり・・・・
そして事件が起きるというものらしい。

WOWOWの10月期のドラマとのことで、医療系ドラマが結構好きなので見たいな~と思ったんだけど、再加入しないとアカンのね、と。
主人公の真琴はどなたなんでしょうね~。
そろそろ撮影始まっているかな。

ちょっと個人的な思いとしては医療系ドラマに窪田君出てほしいな~なんてね。
でも真琴・・・・女性なのよね~(苦笑)
10月期のドラマといえば、「ドクターX」もあるから、そこの新しい登場人物とか、「最上の命医」の二人目の主人公とか~と妄想してみたり。
あ、でも「最上の命医」は原作とは設定がちょっと変わった状態でのドラマ化で、西條命(さいじょうみこと)を斎藤工さんが演じていて、すごくいいドラマだし、これを崩さずに第二部を実現してほしかったり。
あ、でも命も普通に現役のまま、二人目の主人公最上義明(もがみよしあき)を登場させる、とか?
で、最上役を窪田君やってみぃひん?と思ってみたり。
医療ドラマはオペシーンが放送では数分でも監修医師によるレクチャーやリハーサルで数時間から半日以上かかったりと大変だそうですけど、きっとそういう時間をスタッフや出演者の方々がともに過ごして結束が高まる気がします。
今はきっと例の映画の撮影で大変なんだろうな~。

役者さんはほんとすごいですね。

| | コメント (0)

投票所へGO!

これから参院選の投票に行って、あちこちふらふらと妄想ドライブしてきますよ~。

BGMとBGV次第でいろんな想像を掻き立てられつつ、一人でニンマリと笑ってドライブです、
↑絶対阿呆やと思われますけど。

ドルパのことも考えないといけませんからね~、今頃ですけど。

| | コメント (0)

映画「東京喰種」クランクイン

本日からとのこと。
本屋さんで見かけるたびに気になっていた作品ですが、未見です。
アニメも未見。

撮影に入ったとのことですが、これから暑くなりますから、窪田君はじめ出演者の皆様方が無事に過ごされますようにと思うばかりです。

東京喰種公式サイト

| | コメント (0)

速報は大事。

って、わかってはいます。
でも、テレビ見ていて結構いいところで入っちゃうとがっかりしちゃったり。

「誰だって波乱爆笑」という番組はこっちでは放送されてなくて、でも今総集編みたいなのが放送されている。
窪田正孝さん出演時のがちょっとだけ流れたんですが、その時に彼の頭に殺人事件の容疑者確保の速報が・・・・。

ええ、必要だとは思う。
けど、よりによって・・・と思っちゃう。
録画したのを後からテロップ消せたらいいのに・・・・と思ってしまいます。

今回に限らずなんだか結構いいところでテロップ入る気がしちゃうんですよね~。
できれば入る時の音をやめてほしいけど、これも注意を向けさせるために必要ってわかっているだけに・・・。

| | コメント (0)

七夕です。

本日もお暑うございました。

今夜は七夕だから天の川みたいな~と外を見たら・・・曇ってます。
残念。

うちから高速で一時間もかからない距離に「日本一の星空」が見られる場所があります。
「天空の楽園」としてテレビにも取り上げられちゃったからすっかり混雑・・・らしいのですが、一度は行ってみたいな~。

| | コメント (0)

斎藤工さんの浴衣姿。

映画「全員、片思い」の初日舞台あいさつがあったそうで、キャスト全員浴衣で登壇とのこと。

・・・・素敵heart04

いい色合いです~。
ネットの海にいっぱい画像あると思うので探してみてね。
キャストのみなさん、ほんとみんな着こなしが綺麗。
着付けがいいのかな~。
明日のWSはちょっとチェックしなくては・・・。

キャストのみなさんの衣装は浴衣屋さん.comさんご提供だそうです。

欲を言えば、千葉くんたちみたいなインナーを着ていてくれたらなお素敵~と思うんですが、工さんの場合はなくてもワイルドで素敵。
やっぱ腰骨の上にきっちり決まっていると安心する。
写真の写っている角度によってはちょっと気になった部分はあったけど、やっぱり着慣れているのかな~と思いました。

・・・・・しかしなんで窪田君の浴衣姿はああなってしまったのか、ほんと残念でならないです~bearing
カチッと決まっていたら絶対かっこよかったと思うんです~。
いっそのこと兵児帯でぎゅっと締めちゃえって思ったくらいに。
登壇前にはしゃぎすぎたのかな~。
・・・・ほんと直してあげたいと思っちゃいましたもん。
ちょっと腰のあたりを補正したほうが良かったかもしれないけど。
そう言えば「臨床犯罪学者 火村英生の推理」で温泉を舞台にした時の窪田君と工さんの浴衣・丹前姿も似合ってはいたけど、窪田君の細さが気になったもんな~。
でもね、ほんとにね、ちゃんと補正してきちっと着付けしたら彼はすごく綺麗に決まるのにと思うと残念でならないです~。
いつかまた和装になる時を楽しみにしておきますですよheart01

| | コメント (0)

映画の話

映画鑑賞が趣味・・・な方はたくさんいらっしゃるでしょう。
いろいろと駆使して少しでも安く見られるようにされているんだろうな~なんて思う。

私の場合、「そのうちテレビで見られるだろうから・・」と思っちゃってなかなか行く機会がありませんでした。

最後に見たのが学生時代に昔ながらの映画館で「必殺シリーズ」を。
確か京本さんが演じていた仕事人が死んでしまうという作品だったと思います。
その後、見てみてたいなと思う作品があっても、シネコンというのができても、あまり行こうという気になれないまま日々が過ぎていきました。

そして今年・・・・シネコンデビューいたしました~happy01

CMを見ているうちにどうしても大画面で見たくなってしまったのですよ、窪田正孝くんの泣き顔。
勤務先で見たいということを言っていたら「えっ、泣き顔?」と言われてしまいましたが、そうなんですよ、彼の泣き顔。
この子(ついこの言い方になってしまいますが)の泣きってすごく惹き込まれるんですよ。
その時は「私、ドSだから・・・」と言っておきましたが、彼が演じた日吉という登場人物の機微に触れてみたかったんです。

ということで、初めてシネコンで見たのは「64-ロクヨン 前編」でした。
登場時間数にしてみればほんと数分ですけど、惹きつけられました。
何気ない仕草に垣間見える感情と表情と精神と。
原作を読んではいなかったので、作品の中での位置づけがはっきりわからなくて後編には出ないのかな~なんて思ったりもしましたが、原作者さんが「日吉の慟哭がよかった」と仰ったようなので、これはまだ昭和64年の時間に捕らわれたままの日吉の時間が動き出す必要があるたろうな~と思いました。
エンドロールのキャストクレジットが5番目ということは結構重要な役柄だと感じたし。

ただ、120分間座っているのは大変でした。
豪華なシートでしたけど背もたれに体が届かなくて距離が遠くてしんどかった~。
足もしっかり床につかないし。
通路にでたら四角い座布団みたいなのが並んでいて大人も使えます、となっていたけどあれは座面用だったのかな。

それから少しして再度シネコンへ出向きました。
今度は同じ日に「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」と「高台家の人々」を観に。
ミタライに関してはちょいといろいろと思うところがあったりで確認も兼ねて。
もともと御手洗シリーズは好きな作品でもありましたし。
このあたりのことはまたいつか・・・。
「高台家の人々」は見るかどうか迷ったんだけど気になる作品ではあったので結局鑑賞。
そのあたりのことは、やっぱりまたいつか・・・(ほほ)
前回、ロクヨンのパンフをどこで買ったらいいのかわからずにゲットできていなかったのでこの日にロクヨン前編とミタライのパンフをゲット。
しかし、2本立て続けは体に負担が・・・・ガチガチに固まってしまいました。

そして「64-ロクヨン 後編」
やっぱり観たいな~と思って。
ちゃんと日吉の機微を感じたくて。
結果、すごく良かった、ちゃんと観て。
日吉の停まっていた時間が動き出した瞬間を感じられました。
原作とは違うという結末とのことで、結局原作は所有しているもののいまだ読んでおらず、でございます。
この時にやっと背もたれ用のクッションを発見して使いました。
あるとないとでは大違いでした。
今後に活かしますよ。
ロクヨン後編と「MARS~ただ、君を愛してる~」のパンフを購入して帰りました。

MARSは現時点で観る予定はないのです。
ドラマも録画はしたし、DVDも買いましたが作品に興味が持てずに未見。
なのでその続きの映画も今は観るつもりはないのです。
DVDが出たら買うんだろうな~と思うけど、作品に興味がないのでいつ観る気になるかは謎。

基本的に、どんなに好きな役者さんが出演していても作品に興味が持てなければ私は手を出さないんです。
ま、そんな中でDVDを買ったというのは異例ですが。

だからここでこっそりいうのもなんですが、KinKiのコンサートDVDをしばらく買ってなかったのはKinKiに興味を持てなくなっていたからだろうなと…。
光一さんのソロ関係は入手していたけど、SHOCKもソロライブもこの数年足を運んでなかったのはどちらも自分の好みの作品ではなくなっていたからだと思う。

おかげさんで今になって補完作業に追われて資金的にもちと大変なことになってますが、それはそれでね~。
興味を持った時点でええかと思った次第sweat02


今観たいな~という映画は
「シン・ゴジラ」
総勢328人のキャストでしたっけ?
メインは3人ですが、その総勢の中に斎藤工さんが含まれている。
ロクヨンなどを観たときに予告てみた住宅街にたたずむゴジラのしっぽがぐわーんと横に振られているのがすごく迫力があって観たいと思っちゃったんです。

「秘密」
作品自体に興味がある。
ま、昔ボークスから主人公のSDが限定ででてたっけな~という記憶はあります。

「TO YOUNG TO DIE!」
面白そうだな~と。
でもそのうちテレビでみられそうな気が。

と、まあこんな感じでございます。

| | コメント (0)

THE MUSIC DAY 音楽のちから

外出から帰ってきてテレビをつけたら・・・

松潤がセンターでKinKiの曲を歌っててびっくり。
ちょうどジャニーズメドレーだったようで。

光一さんが出てきてまたびっくり。
髪型がみたことないような感じ。
一瞬タッキーかと思ってしまったのは衣装の色合いが光一さんには珍しい雰囲気だったからかな。
剛君の衣装のほうが光一さんが着そうな色合いだったし。

確か今日はフラワーを歌うんでしたね。
「夏」がテーマの番組だから仕方ないけど、二人が作った曲がよかったな~なんて。

この番組に関しては坂崎さんと城島くんの流しユニット「坂崎茂」がすごく好きなので後で編集しなくてはならずちと大変でございます(笑)

| | コメント (0)

瞳の行方

正確には視線の行方ですが。

普段外に連れていくのは幼SDトリオ。
自分に元気があれば13少年ですら連れていきますが、でかい子は人目につくし重たい(苦笑)
片手にデジイチ、片手にSDを持っての撮影は辛いですよ~。
おっきい子だと3キロ近くなるし・・・ダンベルどころじゃないし。

てなわけで今年に入ってからの写真。
5月に新しいバラを買ったのでその時にMSDの雪弥くんを撮りました。

この子の視線も好き。
グラスアイは英国製のブルー、18ミリ。
すごく写真映えする気がします。
本当は動かない表情をどう切り取るのか、ほんと難しいけど。
気が付くと同じアングルになっちゃうので要修行ですね。

Img_1288

Img_1197

Img_1203

Img_1206

Img_1224

Img_1247

Img_1310


| | コメント (2)

ひとまずほっこり。

KinKi Kidsの2015-2016のコンサートのDVDの予約が始まりました。
無事初回盤が予約できました、ほっこり~と安心する私。

実はちょいと長くなるのでそのうちゆっくりと話題にと思ってますが、この数年・・・そうね~KinKi youのときからだから確か2008年のライブからDVD買ってなかったようで。
ま、今思うと理由に気が付いたんですが、なんで失念したかはまたおいおい(苦笑)

おかげで今になって過去のDVDの初回盤を探し回る羽目になっていたり。
CDも最近なかなか初回盤が予約できていなかったりで、今度のシングルは必死でしたよ。
前回のは気が付くのが遅れてなんでこんなに高いのかな~と思いながら予約したら値段を吊り上げられていたという。

ひとまず予約できてほっとしたのでぽそっと囁いておくことに。
・・・えがった~。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »