« 年の瀬の明治村・12/30 | トップページ | 初詣 »

初春のご挨拶

Img_0825_edited1

あけましておめでとうございます
本年も何卒宜しくお願い申し上げます
皆様方のご多幸を心よりお祈り申し上げます


さて。
画像にのせた和歌は万葉集に収められた大伴家持が詠んだ歌でございます。

お正月に降る雪は良いことの兆しなのだそうです。

「正月に雪が降り積もるように良いことも次々と積もっていくが良い」
という意味だそうです。

家持は因幡の国の国主として下った地で詠んだのだそうですが、所謂左遷。
栄華を極めていた都の暮らしから離れて、思うのは、「何でもかんでも欲しい」「あれもこれも欲しい」と物欲を出して手に入れようとしたことで不幸になる。
しかし、気がつけばそれよりも小さな良いことが積み重なっていく方が幸せなのだ、という気持ちから詠んだという話。
この歌を最後に家持は一切歌を詠むことをしなかったそうです。


てなわけで、大きな事も望んではみたいですけど(笑)、日常の小さな出来事が嬉しかったり、良かったな~と思えたり・・・そんなことが積み重なって、一年経って「素敵な事がいっぱいだった」と思えるといいな~と思っています。

|

« 年の瀬の明治村・12/30 | トップページ | 初詣 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしく。

お正月から、とてもいいお話を聞かせていただきました。
こちらも、元旦の朝、少し雪がちらちらしました。

良いことも積もっていく。

そうですよね。小さな幸せが重なっていくこと。わがやは、今まさにその通りで、このお話が、とても嬉しい。(^^♪

投稿: moko | 2009年1月 2日 (金) 19:22

今年もよろしくお願いします!

頂いた年賀状にも登場してましたが、この牛さん、すごくかわいいですね。
見てると和むわ。まちがいなくα波が出てます(笑)

年のはじめにすばらしい古文の授業をありがとうごさいます。
和歌にふれるのひさしぶりです~。
人間生きていれば物欲だらけになってしまうけど、日々の暮らしのなかでちいさな幸せが積み重なっていけばいいですよね。
でも普段せわしなく生活していると、そのちいさな幸せに気がつかなかったりしちゃうんですよね~、反省。

綺羅々さまに今年一年たくさんの幸せが降り積もりますように。

投稿: カイ | 2009年1月 3日 (土) 10:40

mokoさま
あけましておめでとうございます。
こちらこそどうぞ宜しくお願いいたします。
mokoさんの環境はとっても素敵なんですね。
何気ない事が幸せに感じられるのってきっと一番素敵な事ですよね。

カイさま
こちらこそどうぞ宜しくお願いします。
誰でもついつい物欲に走りがちですよね。
私もそうです。
でも、我慢も大事だな~と思うし、次の楽しみを持つのも大事だし・・・という感じかしら。
ささやかな事を凄く嬉しく感じることで気持ちが豊かになれたらいいな~って思います。
カイ様にも素敵なことがたくさん降り積もりますように。

投稿: 綺羅々 | 2009年1月 3日 (土) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年の瀬の明治村・12/30 | トップページ | 初詣 »