« 涙がとまらない | トップページ | 疲弊中 »

開き直り?

とても穏やかな話し方をする女性から電話が掛かってきました。
迷惑をかけたという謝罪でしたが、話をしているうちに腑に落ちない気持ちにもなりました。
「現状でもてる技術では最高の品を届けた」と言うのです。
まだ「完成には至っていない」とまでも。
・・・つまり、未完成の品を平然と売っていると言うわけですよね。
どうして、両足首のスリットを見た目だけでも同じ程度のものにすることが出来ないのでしょうか?
「ひとつひとつ手作りだから、寸分違わぬ物は作れない」とも。
職人の技術で作る品が、ミクロン単位は無理でもほぼ同じ水準に作ることは可能ではないのでしょうか?
逆にそんな程度のことが出来ないというのが私には驚きでした。
いろんな業種に職人と言われる人はいますが、機械より精巧なワザを持つ人の方が多いと私は思います。
ウレタンの性質だと言うんですが、そういうものなのか?と私は疑問に思う。
挙げ句の果てには「そちらが求めるレベルに達していないと思われるのなら返品・返金に応じます」という言葉でした。
これって、何? 足下見られてる? 開き直り?
蓮花丸が嫌でこっちが言っているわけではないのです。
お金を返す、返品する、という話ではないんです。
こちらが求めるのは左右同じ状態に近い両足首なんです。
それなのに「今の技術では出来ない」というんです。
そんなに技術低いんでしょうか?
メイクに差があるとかっていうのはある意味仕方がないと思う部分もあります。
同じ蓮花丸でもまったく同じじゃないというのは。
けれど、たとえば、先に送っていた左足のパーツと今度の左足のパーツを1体に入れて、スリットの状態をほぼ同じにすることが出来ると私は思うんです。
けれど「それはできない」と言う。
どうして出来ないのか、納得できない。
交換するだけじゃないかな?と私は思う。
けれど「そこまでの技術がない」と言うんです。
けったいな話です。

新しく送られてきた蓮花丸はパーツ交換ではなくて、頭からつま先まで全部新品にしたと言われました。
けれど、私には納得ができませんでした。
ただ、ヘッドは違う気はしました。
というのも、ヘッドの蓋に小さな欠けがあったからです。
前のには無かったので。
「しっかり検品して、一番いい状態の今最高の水準のものを送った」と言われました。
けれど、納得できませんでした。
だから、他のと見比べて少しでも納得がいく子と交換して欲しいと言いました。
そして帰ってきた言葉は「そちらのを送り返してもらったら、こちらから1体だけありましたので送ります。」でした。
こちらの不安は通じないのでしょうか?
もしも送ってまた同じのが届いたら嫌だという気持ち。
「まずはそちらから送って下さい。ならべて確認して選んだ上でもう1体を返します」と伝えました。
けれど、「それは出来ない」と言われたのです。
結果的に同じ筈です。
こちらが先でもあちらが先でも。
ましてや、こちらは住所も名前も連絡先もすべてあちらに分かっているのですから、持ち逃げなんてあり得ません。
なんだか、こちらが着服するかのようにな物言いでした。
努めて冷静に話しをしたつもりですが、相手の言葉にもしかして乗せられた気がしないでもないです。
結局、話していても「ならば返品しますか? こちらは返金しますよ。」なんです。
足下見られている気がほんと、します。
そして出した結論。
いちいち名古屋まで行くのは正直面倒です。
時間もかかるし、交通費も掛かるし・・・
けれど、うちには送れないというのなら、と思い、名古屋の天すみに送ってもらうことにしました。
こちらからも蓮花丸を持参してそこで見比べてどうするか判断するということを申し出ました。
そして漸く話はまとまりました。
・・・なんだかやっぱり乗せられている?

最後に、「お名前お伺いしておりませんでしたが・・・」と相手に言うと、「重田です。」と名乗られました。
社長と同じ名字ですね・・・。

しかし、何故もう1体しかないのでしょうか?
パーツ交換の為に何体かあるはずだと思ったので指摘しましたが「限定ものだから、もう1体しか残っていない」と言われました。
そんな筈はないと私は思うんだけどな~。

★スーパードルフィーメインのこのブログは人気blogランキングブログランキングranQに参加中です。
とっても励みになりますので、よろしかったら、ポチッとしてやってくださいませ。

★ドール用ウィッグを扱うゼファーは↓

★SD関連書籍なら・・・
スーパードルフィーパーフェクトカタログ(2) スーパードルフィーパーフェクトカタログ スーパードルフィーバイブル

|

« 涙がとまらない | トップページ | 疲弊中 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

またまたムカつきますね!
何なんですかね?
電話かけてよこして、この対応ですか?
「完成品にいたってない」ってどういう事でしょう。
もともと完成品では販売してないのにね。
あぁ~腹立つわぁ!!
綺羅々さん、こんな時こそミシェル君に慰めてもらってね。
がんばれ!

投稿: 鈴珠 | 2005年10月11日 (火) 23:39

う~ん(--。)
なんだかなぁ・・・な内容ですよね。
私も納得いかないけど・・・
フルチョのメイクでも同じフィニッシャーさんに担当して欲しいというのが私は希望かな。。。
限定っ子はまあ・・・仕方ないけど・・
中にはとても雑なメイクの子もいるらしいから・・・
私のフルチョは幸運にもかなりいい人にあたってますが、人によってはフルチョした当時からメイクが雑でとてもプロの仕事とは思えないものもあるらしいです。
前々から不満をヤフーのブログではぶちまけてましたが・・・今回はね・・。
しかし、人形は可愛いからツイツイ某には頼らずにはいられないんですよ。
韓国ドールでも綺麗なのに移行しようかと一時考えていたのですけど、やはり今手元にある子が可愛くて・・・・
いま試しにルツのEL狙ってるのですが・・・お金がなくて・・・(^^;)
蓮華丸君もそうですが、本当にそれでいいのかと某には考えさせられるところがありますよね。私もメールを半年前くらいにボークスに送ったのですが・・・返事ないんですよ。

投稿: 白桜 | 2005年10月12日 (水) 06:23

実にあっけに取られる内容で話はずーっと同じことの繰り返しでした。
結局名古屋までいっても同じ状態の子がいるような気がします。
自社製品のこれまでの歴史自慢みたいなのもされました。
その上で、「未熟なので」と言う。
よーわからんのですよ。
所々でこちらが言うことにたいして鼻で笑っている風の声が戻ってくることも。
笑いながら話すことではないんですけどね~。

>鈴珠さま
ご心配おかけしてます。
いつもキラキラオーラだしまくっているミシェルさんも地味になってます(笑)
なぜ人の神経逆なでするのかな~と思います。こちらが求めているのはただひとつなんですけど。
あちらは「性質の悪い客に難癖つけられた」って思っているんでしょうね。
わざわざなんで名古屋まで行かなければならないのか・・・。
最終的にことらが切り出したことではあるけど、本来なら、あちらば自宅まで運んでくるのが筋だと思うんですけどね。

>白桜さま
ご心配おかけしてます。
アルファードくんも無事に戻るといいですね。
フルチョにしてもプロがやるのなら責任持ってほしいですね。
メイクが気に入らないときのやり直しも1回までですけど、あれもどうかな?と思います。
納得いくまでやるのがプロの仕事ですもん。
高額なものですし、その人にとって本当に待ちわびた子を迎えるのにあいては結局「金づる」としか見ていないところがあって、オーナーとの感情の行き違いができるのでしょうね。
頭の先から全部取り替えたと言われて私の方もびっくりしましたから。
顔だって、ひとつの個性。
その蓮花丸をかわいいと感じたんですが、今いる子、違和感があるんですよね~(苦笑)
同じ顔でも違いを感じるんです。
相手もそれを個性と言うけれど、確かにそれはあっているけど、足の不具合は個性じゃないのに、どうして言い切れるかほんとにわかりません。
消費生活センターに持ち込んで相談しようかとも思いましたから。
韓国っ子たちのクオリティって結構よさそうですね。
実はいろいろ見ていて、ボークスよりも好みに合うんです(笑)
ただ面倒なので手を出さないだけという・・・。
でも、その気になったら韓国っ子に行くかもしれません。
けど、ドルパは自社ドール以外持ち込み禁止なんですよね~。
連れて行くのが面倒なので持ち込み禁止でも気にしませんけども。

投稿: 綺羅々 | 2005年10月12日 (水) 15:29

矛盾だらけですね…もう、事務的対応ですね。
夢を売る企業なのだから、その夢を壊すような事はしてほしくないです…
大企業になってくると、思いも変わってしまうんですかね…?
名古屋で会う蓮君はちゃんとした子であることを祈っています。

投稿: 絢世 | 2005年10月13日 (木) 09:49

>絢世さま
コメントありがとうございます。
なんだかな~という気持ちになりますよね。
最初はきっと同じ目線で見られる人たちだったと思うんですけどね~。
ホントはもう面倒なので行きたくないけど、意地で名古屋行ってきます(泣)
いい子だといいな・・・。

投稿: 綺羅々 | 2005年10月13日 (木) 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35437/6353501

この記事へのトラックバック一覧です: 開き直り?:

« 涙がとまらない | トップページ | 疲弊中 »